不動産関連のトラブルで多いのが「借地権」に関するものです。

まず借地権とは何でしょうか。それは、”土地を所有している第三者との間で賃貸借契約を結び、その土地を借りて、その上に建物を建てる権利”の事を言います。

少し分かりにくいですね。

もう少し噛み砕いて説明すると、借地権とは土地を借りる権利の事で、借りた土地の上に、自分の資金で自己所有の建造物を建てることができる訳です。

では、なぜこれがトラブルに繋がりやすいのでしょうか?

借地権でトラブルが多い理由

土地と建物の所有者が同じであれば特に問題にならない事も、上記のように建物は自分のもので土地は他の人が所有しているという状態だと、面倒なトラブルに発展する事が多くなります。

まず前提として、借地権の期限が残っている場合には、地主は貸している土地を自由に扱う事はできません。もちろん、借主に出て行ってもらうこともできません。

つまり地主(賃貸人)から見れば、今貸している土地に関して、どこかの大企業から高値で売ってくれというような話が来たとしても、すでに土地を貸している住人との賃貸借契約を解除して直ぐに追い出すことはできないわけです。

借主(借地人)から見れば、自分で建てた家であっても自由に売ることができないという制約が付きます。なぜならば、建物と土地はセットですから、家は売るけど土地は売らないという事になってしまいます。

借りた土地に建てた家を売る場合には地主の許可を得る必要がありますが、地主の状況や考えによって、承諾を拒否される場合があります。

その他にも様々な制約が付きものとなるのが、借地権です。

借地権トラブルもオージャスにお任せ下さい

オージャスでは、住まいの専門家として借地権に関するトラブルについても、様々な解決方法をご提示致します。

不動産に関するお悩みがありましたら、何でもお気軽にお問い合わせ下さいませ。