最近良く聞く「リノベーション」という言葉。リフォームとは違うのでしょうか。

同じ意味合いで使いがちな言葉ですが、実はそこには大きな違いがあるんです!この記事では、リノベーションとリフォームの違いについて分かりやすく説明させて頂きます。

リフォームとは

まずリフォームですが、これは老朽化が進んだ部分や、壊れたり汚れのある部分を修繕したり、新しくしたりする事を言います。

壁紙を張り替えたり、キッチンを交換したりといった具合ですね。

原状回復の作業となりますから、あくまでもマイナスの状態をゼロに戻す内容となります。

リノベーションとは

対してリノベーションですが、現在の状態に大幅な変更を加えて元の状態よりも良く、さらに価値あるものにすることを言います。

かなり大がかりな工事が伴う事もあり、間取りを変更したりする事もリノベーションの一環です。

古いマンションなどでは現代の生活スタイルには合わない間取りになっている事も多いので、壁を取り払い広々としたリビングに変更するといったリノベーションも多いです。

リフォームとは違い、ゼロをプラスにする内容がリノベーションですね。

リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションのメリット

内装をほぼ変更するようなリノベーションを行うのであれば、間取りや築年数などにとらわれずに物件探しを行う事ができます。

物件自体の金額を抑え、リノベーションにお金を使う事ができるわけですね。

希望の物件を見つけても、金額が高いとか駅から遠いなどの問題が山積みになる事も多いです。条件を緩く、そして安く物件探しができるのは大きなメリットと言えます。

リノベーションのデメリット

良い事づくめに思えるリノベーションですが、デメリットも存在します。

工事費を加える分物件の金額は抑えなければなりませんから、必然的に築年数の長い物件を探す事が多くなると思います。そのため、一つには耐久性という問題が出てきます。

そして、引っ越す前に工事を行うという事で、実際に住み始めるまでの時間が普通以上にかかるという事もあります。

ローンについても、一般的な住宅ローンが利用できない場合が多いですから、金利が高くなる傾向にあります。

リノベーションをお考えの場合にもオージャスへご相談下さい

オージャスでは、住まいの専門家として様々なご提案を差し上げる事ができます。

不動産に関するお悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。